飯南町耐震改修促進計画

飯南町耐震改修促進計画を改定しました



飯南町では、国が定めた建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本方針並びに島根県耐震改修促進計画を勘案して、平成22年3月に『飯南町耐震改修促進計画』を定めました。その後、平成23年の東日本大震災により甚大な被害が発生したことを受け、平成25年に耐震改修促進法が改正され、一定以上の多数利用建築物等について耐震診断の実績が義務付けられるなどが追加された。
  
   今後も南海トラフ地震などの切迫性が指摘されており、地震時に町民の安全を確保するためには、引き続き住宅や建築物の耐震化を計画的に進める必要があることから平成29年3月に既存計画を改定した。
 
 
震災の被害を最小限に抑えるためには、建築物の所有者が自らの命は自らが守り(自助)、地域社会が自らの地域は自らで守る(共助)という認識の下で取り組まれることが基本原則です。それに対し、島根県及び飯南町では、民間の取り組みがうまく機能するよう施策・支援を実施していく予定です。
 
   なお、この公表した計画の詳細については、飯南町役場建設課にお問い合わせください。

飯南町役場 建設課
TEL:0854-76-3942
FAX:0854-76-3943
 

pdfファイル「飯南町耐震改修促進計画」(PDF:6.1MB)

この記事についてのお問い合わせは、、、
建設課 〒690-3513 島根県飯石郡飯南町下赤名880番地TEL: 0854-76-3942 FAX: 0854-76-3943

ページTOPへ