お問い合わせ窓口
  • 窓口:総務課
  • 担当:総務担当
  • 電話:0854-76-2211

地震に備えて

家族を守る地震の心得10ヵ条

1.まずわが身の安全を図る

  • けがをして火の始末や避難が困難にならないよう、テーブル・机などの下にもぐるなどして身の安全を図りましょう。
  • 就寝時は、布団の中にもぐるのもひとつの安全策です。
  • 家具類を壁などに固定し、高い所には重い物や不安定な物は置かないようにしましょう。

2.すばやく火の始末 慌てず・騒がず・冷静に

  • 日頃から火気のある場所の整理整頓に努め、あわてず冷静に始末ができるように習慣づけましょう。
  • 電化製品のコンセントを抜くことを心掛けましょう。

3.戸を開けて出口の確保を

  • 身の安全が確保できたら、揺れの合間をみてドアや窓を少し開けて脱出口を確保しましょう。
  • 最近の住宅はドアが多く使われていますが、地震時はゆがみで開かなくなりやすいので、1つでも多く出口を確保することが大切です。

4.火が出たらまず消火

  • もし火災が発生しても、天井に燃え移る前なら消火器での初期消火が有効的です。
  • 天井に燃え移ったら炎は大きくなるだけです。そのときは、安全を確認しながらその場から逃げ、大きな声で助けを求めましょう。
  • 普段から消火器の使い方を確認し、その他消火に役立つものを用意して備えておきましょう。

5.慌てて戸外に飛び出さない

  • 外へ逃げ出す時は、あわてず落ちついた行動をとり、瓦やガラスなどの落下物に注意しましょう。
  • 家族一人ひとりの役割分担や連絡方法、最終的避難場所を決めておきましょう。

6.狭い路地・塀ぎわ・崖や川べりに近寄らない

  • 屋外にいるときは、狭い路地やブロック塀は何が倒れてくるか予期できないので、できるだけ近づかないようにしましょう。

7.山崩れ・崖崩れ・津波に注意する

  • 山間部や海岸付近で地震を感じたら、がけ崩れや津波が心配です。すぐ安全な場所に避難することが鉄則です。

8.非難は徒歩で 荷物は最小限に

  • 場所によっては、車での避難は混雑したり、道路に陥没があるかもしれません。
  • 車を運転中に地震を感じたときは、徐々に速度を落とし、左側に寄せてラジオで地震情報を聞きましょう。
  • 車を置いて避難するときは、キーをつけたままにしましょう。
  • 避難するとき、大きな荷物は移動を困難にすることがあります。最小限必要なものを非常持ち出し袋に入れて、すぐに持ち出せるように日頃から用意しておきましょう。

9.みんなが協力し合って応急救護

  • 多数のけが人が出れば、救急車はもちろん、医療機関での対応も限界になることがあります。みんなで助け合って応急救護を行い、このための講座などにも積極的に参加しましょう。

10.正しい情報をつかみ余震を恐れない

  • 災害時には、恐怖と不安からパニックやデマが発生する恐れがあります。ラジオや防災行政無線から正しい情報を入手し、適切な行動をとりましょう。

安全対策

1.テレビ、ラジオなどの気象情報に注意する。

2.自宅周辺の裏山・崖・河川などの危険個所を把握しておく。

3.避難場所・経路などをあらかじめ熟知し、家庭内で再確認しておく。

4.停電に備えてラジオ・懐中電灯を用意する。

5.飲料水や食料を用意しておく。