お問い合わせ窓口
  • 窓口:飯南町役場・頓原基幹支所・来島支所・志々支所
  • 担当:保健福祉課 保健担当 
  • 電話:0854-72-1770

国民健康保険料のあらまし

 国民健康保険料は「国民健康保険」の財源となる「目的税」です。

納付対象

 国民健康保険に加入している方全てが対象です。納付義務者は世帯主となります。

保険料の算定基準

 国民健康保険料は「国民健康保険分」と「後期高齢者支援金分」と「介護保険分」の合算額となります。

保険料の決め方

 保険料の総額を次の3つの項目に割り振り、それらを組み合わせて1世帯ごとの保険料額が決められます。

 40歳以上65歳未満の人は、「国民健康保険分」と「後期高齢者支援金分」と「介護保険分」を合わせて納めます。

  • 所得割 世帯の被保険者の所得に応じて計算
  • 均等割 世帯の被保険者数に応じて計算
  • 平等割 1世帯にいくらと計算

介護納付金の発生と消滅

  • 発生 : 40歳に達した月(誕生日が1日の人はその前月)から
  • 消滅 : 65歳に達する月の前月 (誕生日が1日の人はその前々月)まで

被保険者に異動(加入・脱退)があった場合は

 被保険者に異動があった時には、月割により税額を再計算し、変更後の納付書を送付します。

仮算定と本算定

 国民健康保険料の所得割を算出するには「前年の所得額」が必要です。 そのため、前年の所得額が確定するまでの「仮算定」という制度があります。

  • 仮算定・・・所得割が確定するまで、前々年の所得額で計算します。4月の1期分から6月の3期分までは仮算定分として納入していただきます。
  • 本算定・・・所得額が確定した後に本年度分の国保料を決定します。