飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
◆いいなんプラチナドロップス

>>一覧に戻る




      飯南町とっておきの桜の名木〜張戸お大師桜

 張戸お大師桜は、飯南町張戸集落の水田脇にそびえる山桜の巨木です。
 樹高およそ15メートル・枝幅およそ10メートル・幹周りおよそ4メートル、樹齢は200年以上と言われ、根元には「弘法大師」を祀る御大師堂があることからこう呼ばれるようになったと言われています。

 開花は毎年4月下旬。
 覆いかぶさってきそうな枝ぶりと水がはられた苗代に写る姿は必見です。

 桜は道の駅「とんばら」から東方向(山側)へ向かう道をまっすぐ。およそ1qのところにありますよ。

 写真の中の桜の樹の根元にある2つの白い点。実はヒト2人なんです。桜の雄大さ、伝わりますか?

※映像の中で登場する道の駅赤来高原薬膳弁当「春の小みち膳」は季節ごとに発売される商品で、現在は販売終了しています。

▲トップ

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止