飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
新着情報
◆新着情報
平成20年1月30日

 飯南町民俗資料館とカンジキ作りの様子が、 「雪の季節 先人たちの知恵に学べ!」 と題して、NHKの番組「ひるまえしまねっと」で放送されます。

 島根県は、日本列島最南端の豪雪地帯と表現されることがあるそうですが、島根県の中でも飯南町(飯石郡)は、雪の多い地域として知られています。

 そんな飯南町で育まれた、雪の季節をよりよく、また、できるだけ快適に過ごすための知恵や工夫がリポートで紹介されます。
 
 飯南町へは、NHK松江放送局飯南特派員こと(笑)林瑞穂さんが取材に訪れました。(林さんには昨年、飯南神楽同好会も取材していただきました)


 当日は飯南町民俗資料館で「雪ぐつ」などの「雪の民具」を調査、その後、教育委員会の担当の方と共に、山碕昭三さん宅(飯南町小田)に移動。山碕さん指導の下、カンジキ作りに挑戦されました。
 
 山碕さんは、山でとったばかりの青々とした竹を、幅5cm・長さ80cmくらいに割り、あっという間に丸くしてカンジキの型を作りました。力が入ってないわけではないのでしょうが、見た感じは、とても柔らかな扱い、まるで竹の「ツボ」を知っているかのよう。悪戦苦闘されるお二方をよそに、最後まで山碕さんにのみ従順な「青竹」くんなのでした〜。
 その後、カンジキは、枠の中に足が乗る部分の「乗緒」を編んで、一応出来上がりとなりました。


 そして、山碕さんをはじめみなさんは、出来上がったmyカンジキを手に夕暮れ迫る雪の山へ・・・体験された方々、カンジキの威力いかがでしたか〜転んだり、はまったりしませんでしたか〜?
 さてさてこの模様は「ひるまえ しまねっと」で。乞うご期待!!

 放送予定は、2月6日(水)午前11時35分〜NHK松江放送局「ひるまえ しまねっと」『ひるまえキラリ☆』のコーナー、2月12日(火)午後6時10分〜同「情報満開 しまねっと」内で。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止