飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
新着情報
◆新着情報
平成20年2月8日

 「飯南町銀山街道道しるべ」が、第32回島根広告賞サイン・ディスプレー部門の金賞に選ばれました。

 島根広告賞は、島根広告協会が主催し、県内の制作会社などによって、テレビ・新聞・雑誌ほかで発表された優れた広告作品を表彰するもので、今回で32回目を数えます。(島根広告賞については→こちら

 2月7日に、電通関西支社クリエイティブディレクター辻中達也さんを審査委員長に松江市で審査会があり、【テレビCM】部門、【ポスター】部門など10部門で入賞作品が決まりました。「銀山街道道しるべ」は【サイン・ディスプレー】部門の金賞に輝きました。

 講評によると
「デザイン的に優れていることはもちろんだが、地元石材にこだわり、ITを駆使して分かりやすく情報を伝える工夫がなされている。こういった構造物にQRコードが付くのは大変珍しい。また、地域に根ざし、地域を元気にする気持ちがあふれている。」
といった点が評価されたようです。

 この「銀山街道道しるべ」は、平成19年秋に飯南町教育委員会(島根県飯石郡飯南町)が飯南町の銀山街道に合計6本設置したものです。
 
 福光石の石柱に周辺の地図を印刷したステンレスプレートとQRコードを添付したシンプルなデザインが特徴です。福光石は大田市温泉津町に産し、石見銀山と深いつながりのある石材です(石見銀山遺跡内、羅漢寺の五百羅漢はこの石で造られています)。
 また、付設されたQRコードにより、街道を散策する観光客が携帯電話を中心としたモバイル端末を利用し、手軽にその場で史跡の説明や観光情報を受け取ることができるようになっています。


◆プロデュース : エムシー・スクエア(島根県松江市)
◆デザイン : 和田 工(エムシー・スクエア)
◆石材加工 : 岸石材店(島根県飯石郡飯南町)

 「銀山街道道しるべ」赤名古道の石柱に付設されているのと同じQRコードを右に載せてみました。画面上からも読み取りが可能ですので、携帯電話の「バーコードリーダー」などで認識させてみて下さい。この石柱が建っている赤名宿(飯南町赤名)の歴史についての説明を見ることがでます。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止