飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
新着情報
◆新着情報
平成20年10月24日

 11月8日から、童画展「かげやままきの世界」が県内各地で開催されます。

 かげやままきさんは、飯南町(島根県飯石郡)塩谷のご出身。専門学校でデザインを学び、 2001年頃からイベント出展やグループ展示に参加しながら本格的に絵に取り組むようになられました。
2002年には東京で個展を開催、2004年に絵本「ジーくんとバケツたんけんたい」を出版されています。現在は、飯南町の実家を拠点にアルバイトをしながら制作活動を続けておられます。
 
展示会の日程は次のとおりです。

場所 開催日 住所・電話番号
島根県立図書館 11月8日(土)〜16日(日) 島根県松江市内中原町52番地 
電話0852−22−5725
安来市立図書館 12月1日(月)〜 9日(火) 島根県安来市安来町1062−1 
電話0854−22−2574
はくた文化学習館中央図書室 12月11日(木)〜14日(日) 安来市伯太町大字母里28番地 
電話0854−37−0050
浜田市立浜田図書館(会議室) 12月11日(木)〜14日(日) 浜田市殿町79−8
電話0855−22−0480






「のぶどう」 「長い冬」


 〜かげやままきさん から〜
 図書館で展示させていただくので、本も一緒にご紹介できたらと思います。
 私がとても影響を受けた作家の本で「大どろぼうホッツェンプロッツ」や「小人ヘルベの冒険」「クラバート」などとても面白いお話があります。
 また、これらの本の日本語訳をされた方が、飯南町と関係のある方と知りましてからなにかこの山あいの町と、どこか通じるものがあるのかしら。。??と「縁」みたいなものを感じています。
 会場でお会いできる日もあると思いますので、皆さんのお越しをお待ちしています。



 
 かげやまさんは幼いころに読んだドイツの子ども用図書「小さい魔女」にとても影響を受けているとおっしゃっていました。やさしくなんだか暖かい気持ちになるその絵は、かげやまさんの人柄そのもの、また、絵の中に登場する美しくて、見ていて引き込まれそうになる自然は、飯南町の風土そのものが表現されているように感じられます。
 今後は立体的なイラストにも挑戦してみたいとおっしゃるかげやまさんは30代。これからもどんどんご活躍されることでしょう。今後も目が離せませんね。



「かげやままき」

・展示会歴
2002年 個展「おばけ鳥アパート」(ギャラリーたまごの工房/東京)
2002年 小林美保子さん(詩)と二人展「手をふる」(ギャラリーえいじう/東京)
2004年 個展「くじら村絵本原画展 バケツ1れつつうか中」(ギャラリー無寸草/東京)
2007年 個展「山の向こう」(オーパギャラリー/東京 ギャラリー木空風/島根)

・絵本
「ジーくんとバケツたんけんたい」岩崎書店(2004年)

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止