飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
年表で辿る歴史の足跡
◆年表で辿る歴史の足跡

縄文時代〜鎌倉時代室町時代〜江戸時代明治〜昭和39年|昭和40年〜平成|

西暦 時代 和暦 日本・島根 飯南町
1965 昭和 昭和40   国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口11,441人)
1968 43 川端康成、ノーベル文学賞受賞

「奥飯石及び周辺地域の積雪期用具」が国の重要文化財に指定される

「斐伊川・神戸川の治水及び関係地域の開発に関する基本構想」を発表(島根県)

1970 45   国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口9,163人)
1971 46 沖縄返還協定調印

国道54号線開通

天皇・皇后両陛下全国植樹祭へお出かけの際、志々小学校へお立ち寄り、衣掛荘でご小憩

全国植樹祭(三瓶山)

1972 47 札幌オリンピック開催 豪雨災害発生
1975 50   豪雨災害発生
国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口8,180人)
1977 52   赤名湿地性植物群落が島根県自然環境保全地域に指定(第1号)される
1978 53 新東京国際空港(成田空港)開港

6月4日朝、三瓶山を中心に大地震発生(島根県中部地震)

6月12日豪雨、ひょう被害発生

1980 55   国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口7,771人)
1982 57 島根県で「くにびき国体」開催  
1983 58 7月22日県西部を中心に集中豪雨 豪雨災害発生
1985 60 荒神谷遺跡で銅鐸・銅矛出土 国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口7,650人)
1987 62  

関係住民団体「志津見ダム建設事業に伴う基本協定書」に調印

女亀山が島根県自然環境保全地域に指定される

1989 64 1月7日昭和天皇崩御 平成と改元  
1990 平成 平成2 長崎県雲仙岳大噴火 島根県内町村初の国際交流員赤来町に着任
国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口7,331人)
1991 3 雲仙普賢岳で大火砕流発生 第1回東三瓶コスモス祭りを開催
1993 5 北海道南西沖地震発生、奥尻島で大津波

島根県県民の森開園
赤来高原りんご園開園

1994 6  

由來八幡宮頭屋祭行事が島根県無形民俗文化財に指定される

神戸川源流標柱建立式(女亀山)

1995 7   国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口6,893人)
1996 8 加茂岩倉遺跡で銅鐸出土  
1998 10 第18回長野冬季オリンピック開催 島根県中山間地域研究センター設立
1999 11 三瓶山麓で埋没した巨木林を発見 CATV「コミュニティーネットあかぎ」開局
2000 12   国勢調査実施(赤来町、頓原町合計人口6,541人)
2003 15   4月1日飯南合併協議会設置 第1回合併協議会
第8回飯南合併協議会で新町名を「飯南町」に決定
2004 16 スマトラ沖地震・インド洋大津波発生
台風の日本上陸過去最多10個
5月15日頓原町・赤来町合併協定調印式
志津見ダム本体工事起工式
第23回飯南合併協議会(最終回)
2005 17   1月1日赤来町・頓原町が合併し飯南町誕生

縄文時代〜鎌倉時代室町時代〜江戸時代明治〜昭和39年|昭和40年〜平成|

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止