飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 文化財を守ろう!!


 来る1月26日は「文化財防火デー」です。1月26日は、法隆寺金堂壁画が焼損した日(昭和24年)に当たり、この日を中心として文化財を火災、震災等から守るため全国的に文化財防火運動が展開されます。

 飯南町でも1月22日、国指定重要民俗文化財を収めた「飯南町民俗資料館」周辺の建物から出火し、資料館に延焼が及ぶ恐れがあるという想定で、飯南消防署による消火訓練が行われました。

 消防署からは消防車3台、救急車1台、消防士14名が出動、実際に放水を行いながら、民俗資料館の「入り口扉」に見立てた鉄パイプと木材を切断し、資料館内部に突入、文化財の保護に努めるという本番さながらの訓練が行われました。

 文化財は、一度失ってしまうと、二度と元に戻らないという性格を持っています。貴重な財産である文化財を我々の時代の不注意で失ってしまうことなく、後世へきちんと伝えて行きたいですね。
 消防署の皆さんお疲れ様でした。

 

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止