飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 節分荒れ


 飯南町は、久しぶりの本格的な雪になりました。2月1日午後から降り始めた雪は2月2日の時点でおよそ30〜40センチくらいの積雪になりました。2月4日は立春、前日の3日が節分ですから、今回の雪天はまさに「節分荒れ」という言葉にぴったりです。

 このほか、冬季の荒天に関して飯南町には次のような表現があります。11月には冬の訪れをしめす「亥の子荒れ」、11月23日、弘法大師を祀る日の「大師講荒れ」12月8日、針供養の日の「八日吹き」、といって決まって寒波がやってくる日を言い伝えています。

 最近では12月25日にかけて全国的に大雪になることが多く「クリスマス寒波」という表現をよく耳にしますが、季節の諸行事と天候を結びつけ、四季の移り変わりを意識しながら生きる私たちの姿は、今も昔も変わっていないようですね。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止