飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 道の駅弁当が大好評です。                                                         

 国道54号「道の駅 赤来高原」で赤来高原薬膳弁当「華の膳」が今年も大人気のようです。昨年秋に島根県内初の試みとして限定的に販売された道の駅弁当が好評だったことを受け、今回は春バージョン、二重膳にパワーアップしての登場です。

 あえて、「お品書き」は載せませんが、開けてびっくり玉手箱!!(古いですか?)。フキ・ワラビ・山椒・竹の子など旬の野菜もたっぷり入ってほんとに春らしいお弁当でした。わたしは「松の実入りの竹の子ご飯」がおいしかった〜〜です。


    今回の薬膳弁当「華の膳」について創作者であるフロンテ
   ィア赤来の宮脇さんにおうかがいしました。

「何も特別な食材を使っているわけではありませんよ。冬を乗り越えて芽吹く若い春の植物を食する、生命力をいただいるように感じませんか?それに春のそういった食材は独特の香りと苦味があるでしょう。その香りや苦味がいいんです。その香りや苦味は刺激となり 冬眠っていた人間の体を目覚めさせますよ。つまり、体の中からの衣替えですね。体が目覚めると自然にウキウキ・ワクワクしてきて、外に出かけてみようという気持ちになるんですよ。」
  
    薬膳弁当と聞き何か特別なものを想像していたわたしは、
   目からウロコが落ちる思いでした〜。
    私たちの体も季節の旬の食べ物を食べることによって季
   節に応じた働きをしてくれるようになることを知りました。

 この薬膳弁当「華の膳」は、5月29日(火)まで販売され、お値段は、税込み1,380円。毎週火曜日から金曜日(水曜日と木曜日は販売されていません)まで、朝の10時30分からの販売です。店頭販売は限定20食ですのでご注意下さいね。
 
 季節のお花できれいに飾り付けされた薬膳弁当、「目で見ておいしく楽しく食べるのが健康の秘訣」とおっしゃる宮脇さんの言葉どおり、フタを開けたら、なんだか楽しくなってくるようなお弁当ですよ。
 みなさんも体の中から「春仕様」に変身して、春爛漫の屋外へ出かけてみませんか?
 赤名湿地(赤名湿地性植物群落)も花の時期を迎え、お出かけには最高ですよ。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止