飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 『だんだん』と出雲そば                                                          

 みなさん、『だんだん』(NHK連続テレビ小説)見てますか?
 (※「だんだん」は出雲弁で「ありがとう」)
 なんたって島根(松江市)が舞台ですからね〜わたしは、毎日欠かさず見ていますよ。めぐみとのぞみが晴れてコンビを組んで歌う日が早くこないかなぁ〜。
 
 さてさて『だんだん』といえば、島根県の特産品、いろいろ出てきますよね。
 
  ☆しじみ汁(宍道湖と神西湖のシジミは日本一おいしいのだ!)
  ☆しじみコロッケ、しじみカレー(ほんとにあるのか不明・・誰か教えてください)
  ☆島根の地酒(李白→杜甫 詩人つながりか?)
 そして
  ☆出雲そば。
  出雲そば!おいしいですよ〜わたしも二十歳を過ぎたあたりから、はまっています。

  ドラマの中では松本そば店のご主人役の石倉三郎さんがそばを打つシーンも放映されていますね。

 実は、このそば打ち、我らが飯南町(島根県飯石郡)のお蕎麦屋さん「一福」の3代目伊藤隆さんが指導しています。
 
 伊藤さんは大阪のスタジオに通い、石倉さんを指導されたとのこと。「石倉さんは、そばを打つのは初めてと言っておられたけど、あっという間にそば切りをマスターされ、筋のよさに感心しました。」
と伊藤さん。
 
 松本そば店のシーンがある放送日は、オープニングで「そば打ち指導 伊藤隆」。 出てますからチェックしてみて下さいね。
  記事を書いていたら、急に蕎麦を食べたくなってきたので、お昼に飯南町頓原にある「一福」本店に行ってきました。(失敬!)
  わたしのお気に入りは、
    
  じゃじゃ〜ん。
天ぷらそばの冷!

冷たいそばに一福秘伝のだしをかけて食べます。

つやっつや・ぷりっぷりのお蕎麦に、サクサク・ほくほくの天ぷらが、スペシャルマッチング。
今日もおいしかったです(^0^)

もっと食べたい人には、炊き込みごはんを付けて定食にもできますよ。


 「奥出雲そば処一福」は、全国でその味を認められた名店。飯南町にある頓原本店のほか、松江・米子・広島・伊丹・沖縄でその味が堪能できます。また、デパートの催事会場など全国各地に出張されますので、お近くに出店された際には是非!情報は一福のホームページから→http://ippuku.co.jp/
 
だんだん。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止