飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 謎の石垣を調査。                                                             

 「町内の山中に謎の石垣がある」との情報をキャッチ!
 地元の安部さん、島根県中山間地域研究センター信原研究員とともに調査に向かいました。
 
 その石垣は、飯南町野萱(島根県飯石郡)の山奥。標高およそ600メートル付近にあった。道なき道を上ると斜面の上の尾根部分に石垣が帯のように姿を現したのだ!こっち側の谷と向こうの谷を仕切っている、まるで万里の長城のようではないか!

帯状の石垣は

高さ1.5メートル〜2メートル
石垣上面部分の幅2〜3メートル
長さ(横幅)50メートル
※この50メートル部分の左右にも断続的に石垣があり総延長およそ100メートルに渡っている。


 誰がいつ何のためにこんな山奥に石垣を築いたんだ・・・思案する安部さんとわたし。
 
 そこに突然、信原研究員の悲鳴が響き渡った!
 「きゃぁぁ〜こんなところにお墓がぁ(*_*)」

後ろを振り返るとホントにお墓らしき塚が・・・。来るときには気付かなかったのになぁ oh摩訶不思議!
仏様の光背には「祐定塚」とあります。

さらに
帯状の石垣の先には大きな穴?ため池?が何個もありました。

 ミステリアスゥ〜
 そして歴史的な場所である雰囲気もプン〜プン。
 
 はたしてこの場所が持つ意味は何なのでしょうか?皆さんはどんなふうに感じられますか?お気づきのことありましたら教えてくださ〜い。
 しかし夢に出てきそうな不思議な場所だったなぁ・・(つぶやき)

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止