飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 とんど祭り                                                                    

 1月も半ばを過ぎました。いかがお過ごしでしょうか?
 皆様にとりまして、実り多い一年でありますようお祈り申し上げます。
 「飯南町だより」につきましても、飯南町の出来事や楽しい話題をできるだけたくさんお届けできるよう心がけて参りますので、引き続きよろしくお願い致します。                         

 さて、飯南町(島根県飯石郡)でも、正月行事の「とんど」が各地域で行われています。この行事は、地方によっていろいろと呼び方があるようですが、全国的には「左義長」(さぎちょう)と呼ばれ、小正月に正月飾りを集めて焼く行事をいうようです。「炎に体をあてると若返る」とか、「書初めを火にかざし、高く紙が舞うほど書が上達する」などと伝わる地方もあるようですよ。

 1月14日、飯南町頓原にあるホール「みせん」駐車場を会場に、飯南町商工会青年部の主催による「とんど祭り」が行われました。
 当日は、冷たい風の吹く天候にも関わらず、たくさんの人が注連縄などを持って集まり、勢いよく燃え上がる「とんど」の火を見上げ、一年の息災を祈念していました。

 「とんど」の火入れは毎年、その年の「年男・年女」がすることになっているそうですが、今年は、たまたま飯南町に遊びに来られ、「とんど」の見学をしていた Eric EhlerさんとAnghared Jamesさんとなりました。「ホントにオレたちがやっていいのか〜い?」とおっしゃったかは分かりませんが、戸惑いの表情を見せながらも快く「点火役」を務めていらっしゃいました。
 お二人にとっていい思い出になったんじゃないですか?今年はきっといいことありますよ!!
             

               
 ちなみに、小正月に正月飾りを集めて焼く行事は、出雲地方が発祥地で、宮廷に伝わり、全国に広まったんだそうです。「とんど」はもともと「尊い縁起物を焼く」行事〜「とうとい焼き」〜「とんど」となったとも。「神々の国出雲」らしい行事ですね。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止