飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 きれいな川の証。                                                              

  昨日の朝(5月19日)、出勤の準備をしていると自宅の電話が鳴りました。(狭い町なので直電話あり(^-^;)
 
 「あのの〜ハンザキが出たけ〜ね〜、ちょっと見に来てごすかい?」(訳:オオサンショウウオを見つけたので見に来てくれる?)
 「はい!で、どこにいたんですか?」
 「うんうん、田んぼにおっての〜」
 「わかりました、すぐ行くので、触ったりしないようにして見守っといて下さい!」

 「はあ〜とったで」(訳:もう捕獲してしまったよ)
 「えっえぇ〜〜・・・(エドさんならずともショッキングゥ〜と口走ってしまいそうな展開にしばらく沈黙)」


         
 発見者によると、田んぼの中に隠れてしまっては、これからの農作業(田植えなど)に支障が出るし、機械で踏んづけたりするといけないから捕獲したとのこと。(う〜ん確かにごもっともです)
 
 このオオサンショウウウオは体長およそ80cm。わたしが飯南町(島根県飯石郡)でお目にかかったものの中では、中型クラス。何はともあれ、捕獲してしまったならしょうがない!途中、頓原小学校(島根県飯石郡飯南町)に寄って児童たちに見せてあげてから、川の上流に放流しに行くことにしました。小学校では、初めてみるこども達も多くみんな大興奮!!お隣の中学校からも先生方が集まって「大きいやつだね 〜」「久しぶりに見たわ〜」と興味津々。(オオサンショウウオ君にとってはストレスだったかな) 

 その後、見学会を無事終え、上流の川へ放流いたしました。
 川へ帰ったオオサンショウウオは、悠然と水中へ・・・そしてゆっくりと茂みの中へ入っていきました。捕獲した人たちと、その様子をしばらく見つめていました。
 「はぁ下流へ流れてくるじゃないでぇ〜」地域の人の言葉が印象的です。
 最近、飯南町ではオオサンショウウオの発見(いるべき場所ではない所で)が増えているような気がしています。上流域の生息環境が変化しているのかなぁ?少し心配になりつつ、オオサンショウウオが棲みつづけられるきれいな川を残して行きたいと思う今日この頃です。
(そ〜言えば最近、川でゴッポを見なくなったなぁ・・・)
 

※オオサンショウウオは国の特別天然記念物であり、環境省の絶滅危惧種に指定されています。捕獲したり、生息場所を移動させたりしてはいけない決まりになっており、これを行うときは許可申請が必要です。
※今回発見されたオオサンショウウオは、飯南町教育委員会が、発見場所・放流場所・体長等の記録を行い、最適と考えられる河川へ放流しました。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止