飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 半夏生                                                                    

 「半夏生」は、「はんげしょう」と読みます。
 半夏生は、夏至から11日目、梅雨明けの時期をさす季節用語として用いられて来たもので、毎年7月2日頃にあたるそうです。

 飯南町(島根県)赤名では、毎年この半夏生にあわせ、7月の第1土・日曜日に「半夏まつり」が開かれています。

 地域には「赤名蓑市・半夏市」という言葉が残っていますが、その歴史は古く、中世の頃から始まったとされていて、牛馬市など、近隣からたくさんの種類の市が店を出しました。数日間開かれる半夏市を目指して訪れる客は赤名の宿屋に宿泊し、街は昼夜を分かたない大賑わいだったと伝えられています。

 そんな伝統のある「半夏まつり」、今年は7月5・6日に開かれますよ。
お笑いのステージイベント、神楽や銭太鼓などの伝統芸能、花火や露天など、例年通りの盛りだくさんの内容に、たくさんの人出で賑わいます。
 
 そして、大場久美子さんや桜塚やっくんもそのステージに立った伝説の「古レールで建築されたライブハウス」(普段はバスの車庫・・・)に今年は、あの「六子」(ロコ)がやってきます!

 「六子」は、LOCOさん(リードボーカル&ギター)と、もりゆみこさん(コーラス&キーボード)からなるコーラスデュオ。LOCOさんは、NHK「お〜い にっぽん」島根県の歌「だんだん」を歌った「ロッカ」のメンバーの一人。「六子」は、昨年2月には、2枚目のシングルとなる「祈り」を全国発売、現在は初のフルアルバム「心唄」(こころうた)をリリース(6月25日)!現在、大好評発売中です!
「六子」のofficial websiteは→こちら

 LOCOさんからは「飯南町だより」に特別にメッセージを寄せていただいています。

飯南町のみなさん、こんにちは!
LOCOです。
 飯南町へは昨年のコスモス祭りに続き、2回目となります。今回もお招きいただきありがとうございます♪半夏まつりでは、「だんだん」のほか、現在発売中のアルバム「心唄」の中から何曲か歌わせていただく予定です。是非、わたしたち六子の歌を聴きにいらして下さいね!
 それから、わたし、この秋から始まるNHK朝の連続ドラマ「だんだん」に出演することになったんです!島根のロケは終わりましたが、ドラマ初挑戦でしたので、すごく緊張しました。「だんだん」は9月29日から始まりますので、皆さん是非、観て下さいね!

 「六子」のステージは、7月5日(土)午後7時25分から。場所は飯南町赤名の旧JR車庫特設会場です。
 山陰を愛し、地元を拠点に活動をする「六子」。 これからの活躍、目が離せませんね。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止