飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 スタート                                                                   

 入学式、新年度、新入社員・・・春は、スタートの季節ですね。皆さんの周りにも新しい一歩を踏み出された方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 飯南町(島根県飯石郡)にも、この春、新しいスタートを切った青年がいます。

 「歴史、文化、風土、食・・・飯南町の魅力を伝えたい」
 4月1日、飯南町の大森晃一郎さん(32)は、そんな想いから松江市殿町に、飯南町をPRする居酒屋『ばらとん』をオープンさせました。

 
 カウンター席に6名、テーブル席が1つという決して広いとは言えないスペースながらも、ご当地ヒーロー「イソガシンジャー」の映像が流れる空間には飯南町カラー全開のアイテムが並びます。


 そして何と言っても最大の武器は飯南町の特産品にこだわったフードの数々。
 
 源流地域の里山で採れた新鮮な山菜をシンプルに調理したものから、タコ焼きに飯南名物の「アレ!?」を入れちゃった「とんばら焼き」まで、フードメニューは30種類以上。ここ「ばらとん」でしか絶対に食べられないものばかりなんです!!!


 もちろん飯南町の地酒「絹乃峰」「とんばら」も味わえますよ。


 店は、ビル内の広いフロアーの一角に位置し、同じスペースには、日本酒バーなどが出店しています。
 各店舗の商品はどこの店からもオーダーでき、往き来自由なのでフロアー全体がとても楽しい雰囲気☆


飯南町特産ヤマトイモ焼酎「八丁蜻蛉」 ワサビの葉のおひたし

 
 「行政主導のアンテナショップは店構えや体制などある程度きっちりとしたものが求められるでしょうから、何かと動きが鈍かったり、コストが大きくなってしまいがち。民間の動きやすさと、商売人の人脈を活かして飯南町をバックアップしたい。」
 力強く話す大森さんは、店内で飯南町のイベントや定住情報なども発信して行きたいそう。
 

 将来に向けてもっともっと大きな夢を持っている大森さん。挑戦は、はじまったばかりだけど、この一歩はとても大きな足跡になるはず!応援していますからね☆


 『ばらとん』
 〒690-0887
 島根県松江市殿町399 ハイドロリアクションⅢ内 1F(今井書店松江殿町本店 向い)
 ※同じフロアーには、酒匠・日本酒学講師として、大活躍中の三谷尊文さんの日本酒バー「waltherP38」があります。島根の選び抜かれた地酒には、飯南町の食材を使った「ばらとん」の和風おつまみがとてもあいますよ。2店の同時利用!おススメです。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止