飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 ハルフカシ                                                     

 新緑が目にまぶしい今日この頃。
 飯南町でも木々が芽吹きの季節を迎え、まさに『生命地域 飯南町』と呼ぶのにぴったり。緑が町を包み込んでいます。
 5月10日(日)には、大万木山(島根県飯南町)で今シーズンの「山開き」神事と、毎年恒例の「大万木山ブナ林自然観察会」が行われました。100人を超える参加者の皆さんは山開き神事の後、直会の御神酒をいただいて、大万木山頂上を目指し観察会スタート!(御神酒を飲みすぎると頂上までたどり着けませんよ〜(笑)

 大万木山は「おおよろぎやま」といい、標高は1218メートル。『出雲国風土記』には「多加山」と記され、その歴史は古く、出雲の平野部からは「土手」のように見えるため『出雲土手山』、その昔、大万木権現を勧請するまでは、ゆらゆらと揺れていた大山だったので「大ゆるぎ山」とも呼ばれていたのだそう。

 

 大万木山はブナ林のほか、イワカガミやマイズルソウ、サンカヨウなどの山野草の宝庫でもあり、観察会は毎年人気のイベントとなっています。
 山歩き、自然散策をされる方には飯南町はこれからがベストシーズン!大万木山のほか、伝説を宿す琴引山・隠岐ノ郷山、珍しい植物を見ることのできる赤名湿地性植物群落、森林セラピー基地県民の森、銀山街道、中近世の山城瀬戸山城・・・。(外で遊んだあとは、飯南町の季節のおいしい食べ物と温泉がgood〜忙しい日常を忘れ飯南町でのんびりしませんか?)

 

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止