飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 吉岡長太郎コレクション〜郷土の懐かしい映像記録                           

 昭和のはじめ頃の町の様子やそこに住む人々の暮らしぶり。よほどの大都市でなければこうした映像は残っていないのではないでしょうか。

 明治24年飯南町に生を享けた吉岡長太郎さんは、早くから映画に興味を持ち、幻灯機を購入して、映画上映の旅に出ました。その巡遊は県内にとどまらず中国地方各県に及び、幻灯機の機械操作を長太郎さんの妻が行い、夫が弁士を務めるという独特のスタイルとユーモアを交えた長太郎さんの語り口はとても人気を博したと伝えられています。

 このほど、昭和10年頃に吉岡夫妻が撮影した飯南町の記録映画の上映会が飯南町赤名でありました。


「これ○○のおばあちゃんの子どもの頃じゃない?」

「この人は○〇さんのおじいさんだでぇ〜」

サーカス小屋や見世物などたくさんの出店でにぎわう赤名半夏市、近郷の青年団が集まって開催された運動会映画館、診療所、呉服屋などが立ち並びにぎわう赤名の商店街など当時の赤名が記録された映像に集まった住民の方々はとても懐かしそう。

 昭和10年頃といえば、満州事変、2.26事件、・・・とても暗い世相が思い浮かびますが、映像の中の赤名の人たちには笑顔がいっぱい。相撲大会に一喜一憂するお父さん。カメラを向けられて照れくさそうにほほ笑む子ども。和服姿に日傘をさして買い物を楽しむ女性たち・・。

 もちろんその当時を生きた私ではないけれど、映像に映る、いきいきとした人たちを見ていると、なんだか懐かしく、そして暖かい気持ちになっていきます。


 吉岡さんのフィルムは、当時のニュース映画や教育映画、またご自分で撮影されたものを含め150巻以上が保存されています。中にはとても貴重なものも含まれているとのこと。飯南町では、フィルムを現在整理中。みなさまのお目に届くのも近いそうですよ。興味のある方!ご期待下さい。

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止