飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

 蔵の中身は・・・・?                                              

 8月5日から8月8日まで、学習院大学・島根大学・島根県・国文学研究資料館の合同調査隊による古文書などの資料調査が行われました。


 調査の舞台となったのは通称「来島の蔵」と呼ばれる場所。


 「なんだか分からないけど古いものがたくさんある」という状況だった来島の蔵でしたが、近年、明治時代に島根県が作成した告示文書・通知文書など貴重な資料が保管されていることが判明し、今回の調査が実現したのでした。(島根県庁は火災により当時の文書が残っていない)

  調査を担当される安藤正人学習院大学教授によると、明治以降の行政文書がこれだけまとまっているのは全国的に見てもめずらしいとのこと。調査は、本年度の概要調査の終了後、継続的に数年間行われ、最終的には所蔵されている全資料の目録が出来上がる予定だそう。飯南町の歴史を考える上でとても貴重な基礎資料となるにちがいありません。

 調査団は安藤教授ほか30名の大所帯!「来島の蔵」のある飯南町来島の町もなんだか活気にあふれている様子。
 調査は、保管してあった場所の記録をとる人、資料の記録写真を撮影する人、古文書などを保存用の箱に梱包する人など、グループに分かれててきぱきと作業が行われていました。
 それにしても連日の猛暑が続く中での作業。調査に携わられたみなさん!たいへんお疲れさまでした☆

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止