飯南町の歴史と文化 ホーム サイトマップ 飯南町の歴史と文化
飯南町だより
 ◆飯南町だより

  魅惑のキノコ こうたけ                                           


 この季節、必ずと言っていいほど町の話題となるのが・・・飯南町におけるキノコの王様「香茸(こうたけ)」。
 
 今年の「はえ具合」は、なかなかいいらしい・・とか
 ○○さんは担い籠いっぱいとったそうだ・・とか
 去年のシロ(毎年決まってはえる場所)に行ってみたが採られていて残念だった・・などなど。
 
 
 香茸はその名のとおり、独特な香りがとっても強いキノコ。
 
 見た目が悪い(らしい)という理由からか、全国的にはあまり流通していないようで、キノコ図鑑によってはなぜか「毒キノコ」に分類されている本もあるほど。
 島根県でも山間部でのみ珍重されています。

 
 今年の香茸、豊作のようです!
 暑い夏でしたが、秋の雨が割と長く続いたためキノコにとってはいい環境だったよう。もし幸運にも香茸が手に入ったなら!飯南町ではこんな食べ方をします。
 
 定番は、炊き込みご飯。たっぷりの香茸を入れて炊きます。採ったばかりの香茸より少し干しておいたものを使うと、より香りがいいそう。

 塩漬けや湯がいてお醤油をたらし、お酒のおつまみ、お豆腐と白和えにするのも人気です。

 かわったところでは、そのまま焼いて食べる(一番うまいのはこれだ!という人も)、すき焼きに入れて豪華に!また、すまし汁にすると香りがいっそう楽しめます。

 みなさん、今秋、もう香茸食べましたか?




☆おまけ☆
  飯南町でまことしやかにささやかれる 魅惑のキノコ「香茸伝説」をご紹介しましょう!
   ・香茸のある山に行けば1km先から匂いがするらしい。
   ・三角の形をした山の北側斜面には必ず香茸が生えているらしい。
   ・秋雨があがり、山から霧が雲のようにあがっている真下に香茸ジロがあるらしい。
   ・ミズナラの木もしくはホウの木の下によくはえるらしい。
   ・香茸が毎年はえる「シロ」は自分の子どもにも教えないらしい。
   ・香茸採りで山に行き、クマと出くわしたがクマも香茸採りに夢中で襲ってこなかったらしい。

ともあれ飯南は 香茸シーズン突入。
 「こうたけ はあ はえとるかのぉ?」 (香茸はもうはえているかなぁ?)
 香茸ハンターのおじさんは、同じくハンターのおじさんに 暗に今年のとれ具合とライバルの収穫量を探るべく今日も牽制球を送るのでした(笑)

▲トップ

 

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原2084-4番地 飯南町教育委員会 TEL:0854-72-0301 FAX:0854-72-1354  記事・画像転用禁止