8月8日に頓原小学校、24日には来島小学校の子どもたちを対象に、「2050年の天気予報!地球温暖化がすすむとどうなる?」「見つけよう!身近にあるよ、二酸化炭素」をテーマに出前講座が開催されました。

 講師は、しまねエコライフサポートセンターの野崎研さん。子ども達は、地球温暖化の仕組みやその影響、日常生活との関わり方を、クイズやゲームを交えて勉強。また、学校にある電球の数を数えて、どのくらいのCO2が発生しているかを調べたりしました。

 地球温暖化を防ぐには、ひとりひとりの心がけが大切。まずは、身の回りの生活から見直してみませんか?

 

b a