取引や証明を目的として使用する計量器(はかり等)については、2年に1回、島根県が行う定期検査を受けることが使用者に義務づけられています。
下記に該当する事業者の方は、定期検査の対象となりますので、もれなく受検していただきますようよろしくお願いします。

  
◆検査対象となる事業者

1.取引に使用する例
・商取引にはかりを使用している事業者
・貨物運賃を重量により定めている貨物運送業者
・農産物、海産物の出荷、庭先取引及び行商などにはかりを使用している生産者
・材料購入、製品出荷及び詰め込みにはかりを使用している事業者
・調剤にはかりを使用している病院、薬局など

2.証明に使用する例
・学校、幼稚園、保育所又は福祉施設等の体重測定に使用されるはかりで、その計量値が健康診断等に示され通知、報告されるもの。
・健康診断又は診断書に患者の体重を記入するためにはかりを使用している保健所、病院、医院など


◆平成30年度:検査日時並びに検査場所

月  日 時  間 検査場所
6月27日(水) 10:30~11:30  赤名農林会館
13:00~13:30 谷高齢者コミュニティセンター
14:00~15:00  来島基幹集落センター
6月28日(木) 10:30~11:30 さつき会館
13:00~15:00 飯南町保健福祉センター

 

◆当日、ご持参いただくもの

計量器、印鑑、検査手数料(現金又は島根県収入証紙)
※手数料が不明な場合は、現金での支払いも可能となっておりますので、現金をご持参下さい。

◆その他

1.初めて検査を受けられる場合は、下記担当課までご連絡ください。(新規購入の場合、初回検査免除となる場合があります。)
2.上記日程で受検ができない場合は、他の地区で受検されても結構です。
3.やむを得ない事由により受検できない場合は、下記担当課までご連絡下さい。

◆注意事項

定期検査を受けていない特定計量器や定期検査で不合格となった特定計量器を取引や証明に使用することはできません。定期検査を受けずに特定計量器を取引や証明に使用した場合、法律により罰せられることがあります(50万円以下の罰金ほか)。

計量業務詳細についてはこちら(島根県HP)

http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/syoko/sangyo/keiryo/