通知カード

法律の改正により、マイナンバー通知カードは令和2年5月25日頃に廃止される予定です。廃止されると、通知カードの再交付申請及び住所・氏名等券面変更等の手続きができなくなります。

なお、廃止後も、お持ちの通知カードに最新の住所・氏名等が記載されていれば、引き続きマイナンバーを証明する書類としてご利用いただけます。

廃止後の通知カードの取扱い

〇住所、氏名等記載事項変更の手続き

通知カード廃止以降は、変更手続きができなくなります。
通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している必要があります。一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。
変更が必要な場合は、令和2年5月22日(金曜)までに本庁舎もしくは支所で通知カード記載事項変更のお手続きをしてください。

〇通知カードの再交付申請

通知カード廃止以降は再交付申請ができなくなります。
再交付が必要な場合は、令和2年5月22日(金曜)までに、本庁舎もしくは支所で通知カード再交付申請のお手続きをしてください。
なお、再交付申請には手数料500円がかかります。

通知カード廃止以降のマイナンバーを証明する書類

• マイナンバーカード(申請から取得するまでに1ヶ月から1ヶ月半かかります)
• マイナンバーが記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」
• 通知カード(氏名、住所等が最新になっているもの)

通知カード廃止以降のマイナンバーの通知方法

出生等で新たにマイナンバーが付番された方へのマイナンバーの通知は個人番号通知書により行われる予定です。
※この個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類として使用できません。