河川における水質調査について

 飯南町では、毎年町内主要河川16箇所で水質検査を実施しています。全体としては清浄な水質を示した結果となりました。詳しい水質検査結果については、以下のPDFファイルをご覧ください。

pdfファイル「H27~R01河川水質検査結果」(PDF:495kB)

 

<用語解説>

PH(水素イオン濃度)

 水が酸性か、アルカリ性かを示すもの。PHが7のときは中性、これにより数値が高い場合はアルカリ性、低い場合は酸性であることを示します。

BOD(生物学的酸素要求量)

 水中にある有機物をバクテリアが分解するのに必要な酸素量のことで、水質汚濁を表す指標のひとつ。値が大きいほど、水が汚れていることを意味します。

SS(浮遊物質量)

 水中に浮遊または懸濁している直径2mm以下の粒子状物質のこと。沈降性の少ない粘土鉱物による微粒子、動物性プランクトンやその死骸・分解物・付着する微生物、下水、工場排水などに由来する有機物や金属の沈殿物が含まれます。値が大きいほど、水が濁っていることを意味します。

DO(容存酸素量)

 水中に溶解している酸素量のことで、代表的な水質汚濁状況を測る指標のひとつ。有機物による汚染が著しいほど、低い濃度となります。