○飯南町ふるさとの森の設置及び管理に関する条例

平成22年3月23日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、飯南町ふるさとの森の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 飯南町ふるさとの森(以下「ふるさとの森」という。)は、森林セラピー事業にあわせ、森林を活用した健康の増進と休養に資する事業を目的として設置する。

(名称及び位置)

第3条 ふるさとの森の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

ふるさとの森

飯南町小田842番地2

(施設の区分)

第4条 ふるさとの森に設置する施設は、次のとおりとする。

名称

施設区分

ふるさとの森

宿泊施設 1棟

オートキャンプサイト 1棟

炭焼き小屋 1棟

炊事棟 1棟

便所棟 1棟

バーベキューサイト 1棟

(管理の代行等)

第5条 ふるさとの森は、飯南町が管理する。ただし、管理運営上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に施設等の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に施設等の管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 施設の維持及び管理に関すること。

(2) 施設の利用許可に関すること。

(3) 第8条に規定する利用料の徴収に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める業務

3 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第6条第7条第9条及び第10条の規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(利用日及び利用時間)

第6条 ふるさとの森の利用日及び利用時間は、規則で定める。

(利用の許可)

第7条 別表に掲げる施設を利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、ふるさとの森の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付すことが出来る。

(利用の取消し等)

第8条 町長は、前条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するとき、又はふるさとの森の管理上特に必要があると認めるときは、その許可を取り消し、又は同項の規定により付した条件を変更することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(2) 前条第2項の規定により付した条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。

(利用料)

第9条 利用者は、別表に定める利用料(消費税相当額を含む。)を納付しなければならない。

2 利用料は、町長が必要と認めた場合を除き、第6条第1項の許可を受けたときに納付しなければならない。

3 指定管理者より管理する場合にあっては、利用料を指定管理者の収入として収受させるものとし、別表の利用料に1.5を乗じて得た額までの範囲内において、指定管理者が町長の承認を受けて定めるものとする。

(利用料の減免)

第10条 町長は、公益上特に必要があると認めるときは、利用料を減免することができる。

(利用料の不還付)

第11条 既に納付した利用料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、規則で定めるところにより、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用料を納付した者が、その責に帰することができない理由により、別表に掲げる施設を利用することができなくなったとき。

(2) 町長が、ふるさとの森の管理上特に必要があるため第7条の規定により許可を取消したとき。

(現状回復の義務)

第12条 利用者は、別表に掲げる施設の利用が終わったときは、速やかに、当該施設を現状に復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。

(行為の制限)

第13条 ふるさとの森において、次に掲げる行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 公告物を表示し、又は宣伝活動をすること。

(2) 物品の販売その他の営業活動をすること。

(3) 集会、競技会、展示会その他の催しをすること。

(損害賠償)

第14条 利用者が、故意又は過失により、ふるさとの森の施設を破損し、又は滅失した者は、その行為によって生じた損害を賠償しなければならない。

(罰則)

第15条 町長は、詐欺その他不正の行為により、利用料の徴収を免れた者については、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科することができる。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月30日条例第34号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月25日条例第41号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第7条、第9条、第11条、第12条関係)

宿泊施設

区分

宿泊のみ

食事

追加料

シングルルーム

1室につき大人7,200円、小人3,600円

実費を考慮して定める額

シングルルームを2名で利用する場合は、2,057円追加する

ツインルーム

1室につき大人10,285円、小人5,142円 但し、大人小人での利用は7,714円

実費を考慮して定める額

ツインルームを3名で利用する場合は、2,057円追加する

入浴

大人 411円

小人 206円

多目的ルーム

一時間あたり926円 夜間の場合は1,029円とする

インテークルーム

一時間あたり926円 夜間の場合は1,029円とする

オートキャンプサイト

区分

利用料

宿泊

1サイト1夜につき3,600円

休憩

1サイト1回につき2,057円

区分

利用料

バーベキューサイト(6人掛)

1区画あたり1,029円

備考

1 学習室又は研修室を利用する場合において、その利用時間が1時間未満であるときは1時間とし、その利用時間が1時間を超える場合において1時間未満の端数の時間があるときは、その端数の時間は、1時間として計算する。

2 宿泊施設を利用する場合において、「宿泊」とは、午後4時から翌日の午前10時まで使用する場合をいう。

3 オートキャンプサイトを利用する場合において、「宿泊」とは午後3時から翌日の午後3時まで利用する場合をいい、「休憩」とは午前10時からその日の午後3時まで利用する場合をいう。

4 バーベキューサイトを利用する場合において、「利用」とは午前9時から午後10時まで利用する場合をいい、1回当たり4時間までとする。

5 小人とは小学校の児童とし、大人とは中学校の生徒以上の者とする。

飯南町ふるさとの森の設置及び管理に関する条例

平成22年3月23日 条例第3号

(平成26年4月1日施行)