○飯南町ふるさと回想館の設置及び管理に関する条例

平成22年3月23日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、飯南町ふるさと回想館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 地域にある資源を有効に活用し、都市と農村の交流をとおして町の活性化を図るため、都市との交流の拠点施設として飯南町ふるさと回想館(以下「回想館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 回想館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 飯南町ふるさと回想館

位置 飯南町小田276番地1

(施設)

第4条 回想館の施設は、次のとおりとする。

(1) 農林業の教室

(2) 生活遊びの教室

(3) 学びの教室

(4) 資料室

(5) 上映室

(6) 調理室・和室

(管理の代行等)

第5条 回想館は、飯南町が管理する。ただし、管理運営上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に施設等の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に施設等の管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 施設の維持及び管理に関すること。

(2) 施設の利用許可に関すること。

(3) 交流事業の実施及び情報の発信に関すること。

(4) 第9条に規定する利用料の徴収に関すること。

(5) 前4号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める業務

3 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第7条第8条及び第10条の規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(利用日及び利用時間)

第6条 回想館の利用日及び利用時間は、この施設が利用できる状況であれば特に定めない。

(利用の許可)

第7条 回想館を利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。許可に係る事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 町長は、回想館の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(利用の制限)

第8条 町長は、回想館の利用目的又は方法が次の各号に該当するときは、利用を許可しない。

(1) 公益を害し、又は風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設又は設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 施設の管理運営上支障があると認められるとき。

(利用料)

第9条 第7条の許可を受けた者(以下、「利用者」という。)は、利用料を納付しなければならない。

2 利用料(消費税相当額を含む。)は、別表のとおりとする。

3 指定管理者により管理する場合にあっては、利用料を指定管理者の収入として収受させるものとし、別表の範囲内において、指定管理者が町長の承認を受けて定めるものとする。

(利用料の減免)

第10条 町長は、前条の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、利用料の額を減額し、又は免除することができる。

(損害賠償)

第11条 利用者が、故意又は過失により回想館の施設等を損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(原状回復の義務)

第12条 利用者は、施設の利用が終わったときは、速やかに当該施設を原状に復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月25日条例第41号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

区分

利用料

和室

1時間につき 515円

調理室

1時間につき 515円

飯南町ふるさと回想館の設置及び管理に関する条例

平成22年3月23日 条例第6号

(平成26年4月1日施行)