○飯南町里山商品券発行事業補助金交付要綱

平成26年9月26日

告示第108号

(目的)

第1条 この告示は、い~にゃん森の恵み林活プロジェクトにおいて、林業及び農業の活性化並びに町内商店の活性化を図るため、飯南町商工会(以下「商工会」という。)が実施する里山商品券(以下「商品券」という。)発行事業に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付するものとし、その交付に関して、飯南町補助金等交付規則(平成17年飯南町規則第33号)に定めるもののほか、必要な事項を定めることを目的とする。

(補助対象事業)

第2条 補助金の交付の対象となる事業は、飯南木質バイオマスセンターへ未利用材を持ち込み、買い取り分として手渡した商品券に対する事業とする。

(補助金の対象経費)

第3条 補助金の対象となる経費は、次のとおりとする。

(1) 商品券の印刷に要する経費

(2) 商品券の広告宣伝に要する経費

(3) 商品券の取扱い表示に要する経費

(4) 商品券の換金に要する経費

(5) 抽選により付与する景品購入経費

(補助金の交付申請)

第4条 商工会は、事業実施要領を添付した補助金交付申請書を町長が別に定める日までに提出しなければならない。

(補助金の交付決定等)

第5条 町長は、前条の交付申請があった場合、申請書の内容を審査し、適正と認めるときは、補助金交付決定通知を申請者に交付するものとする。

2 前項の場合において、町長は補助金交付の条件を付することができる。

(補助金の概算払)

第6条 商工会は、補助金交付決定額の全額又は一部の概算払を請求することができる。

(実績報告)

第7条 商工会は、事業完了後30日以内に実績報告書を町長に提出しなければならない。

(補助金の確定)

第8条 町長は、前条の実績報告書の提出を受けた場合は、速やかに検査を行い、適正な事業実施を確認した場合は、補助金額を確定し、補助金確定通知を商工会に交付するとともに、速やかに補助金を交付する。ただし、第6条の規定に基づき概算払を行っている場合は、補助金を精算するものとする。

(関係書類の保管)

第9条 補助金の交付対象となる事業に係る書類及び帳簿については、事業の完了の日の属する会計年度の翌会計年度から5年間保管しなければならない。

附 則

この告示は、平成26年10月1日から施行し、平成33年3月31日をもって、その効力を失う。

附 則(平成30年3月31日告示第55号の5)

この告示は、平成30年3月31日から施行する。

飯南町里山商品券発行事業補助金交付要綱

平成26年9月26日 告示第108号

(平成30年3月31日施行)