○飯南町国民健康保険人間ドック助成金交付要綱

平成29年3月31日

告示第22号の6

(目的)

第1条 この告示は、飯南町国民健康保険の被保険者(以下「被保険者」という。)に対し、人間ドックに要する費用の一部を助成することにより、当該被保険者の経済的な負担軽減を図り、もって健康増進に寄与することを目的として、人間ドック助成金(以下「助成金」という。)を交付するものとし、その交付等については、飯南町補助金等交付規則(平成17年飯南町規則第33号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(助成対象)

第2条 助成金交付の対象者は、次の各号の全ての要件を満たす被保険者とする。

(1) 各年度において61歳から74歳になる被保険者。ただし、65歳になる被保険者を除く。

(2) 人間ドックを受ける時点で被保険者であること。

(助成金の額等)

第3条 助成金は、1年度当たり1回とし、2万円を限度とする。

(交付申請)

第4条 助成金の交付を受けようとする者は、飯南町国民健康保険人間ドック助成金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 人間ドックに係る領収書

(2) 人間ドックに係る結果表

(交付決定及び助成金の支払)

第5条 町長は、申請者から助成金交付申請を受理したときは、その内容を審査し、交付を適当と認めた場合、その決定をもって助成金を支払うこととし、交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(交付申請の管理)

第6条 町長は助成金交付の状況を明確にするために、人間ドック助成金台帳(様式第3号)を整備するものとし、助成金交付年度から5年間保存しなければならない。

(補則)

第7条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は町長が別に定めるものとする。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月1日告示第27号)

(施行期日)

1 この告示は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の第2条の規定は、平成31年度以後の年度分の助成金について適用し、平成30年度以前の年度分の助成金については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

飯南町国民健康保険人間ドック助成金交付要綱

平成29年3月31日 告示第22号の6

(平成31年4月1日施行)