○飯南町自動運転長期実証実験に関する条例

令和2年3月17日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、道の駅赤来高原を拠点とした自動運転長期実証実験事業(以下「自動運転」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において自動運転とは、町が道路運送法(昭和26年法律第183号)第78条の規定に基づき、登録を受けて行う有償運送事業をいう。

(管理)

第3条 自動運転車両は、町長が管理する。

(運行ルート等)

第4条 自動運転の運行ルート名、運行区間、運行回数、運行日及び停留所については、町長が別に定める。

(料金)

第5条 自動運転の利用料金は、別表に定める額とし、利用者から徴収する。

2 料金の支払方法については、各号に定めるものとする。

(1) 定額料金

(2) 回数券料金

(3) 定期券料金

(4) 少量貨物運送料金

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(この条例の失効)

2 この条例は、令和2年6月30日限り、その効力を失う。

別表(第5条関係)

料金表

区分

料金

中学生以下

定額料金

200円

無料

回数券料金(5枚綴)

250円

無料

定期券料金

500円

無料

少量貨物運送料金

100円

備考

1 定期券の適用期間は月の初日(利用を開始する日が月の中途の日であるときは、開始日)から末日(利用を終了する日が月の中途の日であるときは、終了日)までの1月を単位とする。

飯南町自動運転長期実証実験に関する条例

令和2年3月17日 条例第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第10節 地域振興
沿革情報
令和2年3月17日 条例第1号