飯南町の公共交通は、町内を広く運行する生活路線バス(町営バス)の他、民間が運営する路線バスやタクシーなどによって賄われてきました。現在も、高齢者の通院・買い物や児童・生徒の通学といった町民の生活を支えています。

 本町は平成28年3月に策定した、「飯南町地域公共交通計画(第1次計画)」(計画期間5年)に基づき、町営バスの運行見直しやドアツードア型の輸送手段であるデマンドバスの導入を進める等、公共交通空白地解消等において一定の成果を上げています。

 

今回、第1次計画期間の満了にあたり、令和7年度までの第2次計画を策定するにあたって、飯南町地域公共交通会議において検討を重ね、令和3年4月に第2次飯南町地域公共交通計画を策定しました。

 本計画では、公共交通の維持・改善や近隣自治体とつなぐ公共交通との連携、地域との連携などに関して、政策の目標や実現に向けた方策について示しています。

pdfファイル「第2次飯南町地域公共交通計画」(PDF:7.2MB)