この度の豪雨により、被災されました町民の皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

今回の豪雨は、「50年に一度」と言われる大雨であり、土砂崩れによる道路の通行止め、河川の水位上昇による浸水被害、裏山の崩壊による家屋の損壊、道路河川などの崩壊、また農地・パイプハウスへの土砂流入など、近年経験したことのない、大きな被害をもたらしました。

被災状況は、自治区長さまをはじめ、町民の皆さまから、速やかに被災箇所の報告をいただいたことにお礼申し上げます。

現在、被災箇所の現地確認を、国や県の応援もいただきながら、全力で行っていますが、調査箇所が500か所以上あり、まだ調査に回れていない箇所もありますが、何卒ご理解いただきますようお願いします。

梅雨が明けたことから、強い日差しとなりますので、片付け作業の際には、熱中症などに十分ご注意いただきますよう、併せてお願いします。