ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 飯南町の組織 > 産業振興課 > 地域おこし協力隊募集

本文

地域おこし協力隊募集

ページID:0003639 更新日:2022年4月11日更新 印刷ページ表示

地域おこし協力隊を募集します

飯南町では、現在下記のとおり新規隊員を募集しています。
受け入れ事業所の事前見学もできますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

飯南町大しめなわ創作館

飯南町は、道の駅頓原隣地に、飯南町に伝わるしめ縄文化の伝承と「日本一大しめ縄の里飯南町」のPRを目的に「飯南町大しめなわ創作館」を建設しました。日本最大といわれる出雲大社神楽殿の大しめ縄は、古くから飯南町でつくられており、平成30年の架け替えの際も、飯南町大しめなわ創作館で製作が行われました。
近年は、出雲大社神楽殿のみならず、全国の神社から大しめ縄の注文を受けるとともに、おみやげ用のしめ縄の生産も盛んに行われています。
こうした中、大しめ縄製作技術の習得による伝統文化の継承、しめ縄の新たな可能性を広げる創作しめ縄を通じた「しめ縄」産業の拡大に取り組んでいただきたく情熱を持った協力隊員を募集します。

グランデア赤名峠

総面積の9割が森林を占める島根県飯南町では年間約700頭余りのイノシシが有害鳥獣として捕獲されています。捕獲された一部のイノシシは、グランディア赤名峠(任意団体)がジビエ加工業として、イノシシ肉を解体し、商品として販売しています。
 これまで開発した商品は、ぼたん鍋セット、いのししカレーパン、中華まん「いのっち」、いのしし味噌ラーメンなどがあり、観光PRイベントや飯南町ふるさと納税の返礼品など、町を代表する特産品として、消費者に提供されています。
 しかしながら、活動メンバーの高齢化により、従来の活動に支障をきたしており、今の状態が続くと技術の承継ができず、さらには捕獲したイノシシの活用もできなくなり、農地の保全にも影響が出てきます。
 飯南町では、観光及び特産振興の発展と猟友会との連携した有害鳥獣対策を目的に、ジビエ加工に取り組んでいただきたく情熱を持った協力隊員を募集します。

飯南町観光協会

町の面積の約9割を森林原野が占める自然豊かな町で、平成19年には飯南町のふるさとの森が森林セラピー基地に認定されました。以降10年以上にわたり身近な森林の癒し効果を体感していただくことを目的に、(一社)飯南町観光協会が中心となって事業を進め、令和2年には全国2基地目・西日本初の「2つ星認定」を受けました。このほか、飯南町観光協会は、町内1,000m級の山々と高原のフィールドを活用し登山企画やサイクリングイベント、シャワークライミングプログラムなども展開し、県内外のお客様との交流人口拡大に貢献しています。
飯南町の豊かな自然を舞台に、現状の企画の更なる展開や新たな魅力の創出に取り組んでいただける情熱を持ち、アウトドア活動が大好きな協力隊員を募集します。

募集資格

募集資格は上記募集要領をご確認ください。

応募方法

応募用紙にご記入のうえ、履歴書を添付して飯南町役場産業振興課まで郵送またはお持ちください。

選考方法

書類および面接による審査を行います。

〇1次審査(書類審査)
 「飯南町地域おこし協力隊隊員応募用紙」
 「履歴書(JIS規格形式A4サイズ)」
 ※履歴書については市販のものをご利用ください。     
 ※1次審査の結果は、2次審査のご案内と併せて後日郵送で通知します。

〇2次審査(面接による審査)
 飯南町内を会場に面接による審査を行います。
 ※面接会場への移動にかかる経費は応募者負担となります。
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)